Lush x Lazy Oaf セルフサービスコラボレーションとは?

ロンドンに拠点を置く、女性の経営者による独立系のストリートウェアブランド「Lazy Oaf(レイジー・オーフ)」とチームを組んだコラボレーションアイテム「LUSH × LAZY OAF」。LUSH初となるアパレルアイテムを展開するほか、「Lazy Oaf」とともにおうちでのセルフケアを楽しんでいただける、‘ソープ’ライズ(サプライズ)に溢れたコスメアイテム9種類とアパレルや小物を8種類の全17種が登場します。

Lazy Oaf」は、2001年にロンドンのガレージでジェンマ・シールによって設立されました。手刷りのTシャツをイーストロンドンの屋台で売ることから始まり、現在ではクリエイティビティ、コラボレーション、コミュニティを第一に考える独立したブランドとして確立しています。ユニークでポップなキャラクターやイラスト、モチーフがデザインの特徴で、若者が抱く様々な感情をストリートウェアに落とし込んだ「Lazy Oaf」ならではの世界観が魅力です。

LUSHと同様にイギリス生まれのブランドで、環境への配慮を大切にしています。今回の限定コラボコレクションも数量限定となっています。廃棄を出さないために、各スタイルは150~200着という限られた数量のみを信頼できる工場で生産しています。「Lazy Oaf」は信念と柔軟性を原動力として進化と適応を繰り返し、より良い存在になれるように、且つオリジナルのままでいられるように、コミュニティとつながりカルチャーを育み、地球と全ての人のために正しいことができるよう挑戦を続けています。

LUSH × LAZY OAF」による セルフサービスコレクションは、18ヶ月の製作期間を経て、どんな日も自分のケアをする時間を大切にするために欠かせないセルフケアアイテム17種がラインアップ。

コレクションには、「Lazy Oaf」の特徴であるハッピーフェイスとサッドフェイス、チェッカーボード柄が、バスボム、ソープ、バブルバーなどの商品デザインに使われています。中でも今回のコラボレーションのために、LUSHのアーカイブから革新的なシャワーシリーズ「シャウダー」を復活させました。「シャウダー」はボトルに入っていないパウダー状のボディソープで、お肌を清潔でフレッシュにすることができます。ラベンダーの香りが心地よい「スリーピー」と、ミントの香りが爽やかな「インターギャラクティック」の2つの香りが用意されています。

また、「Lazy Oaf」の原点であるイーストロンドンのエッセンスを取り入れた新しいフレグランスも発売されます。『ラッシュXレイジー ボディスプレー』は、イーストエンドのコインランドリーに着想を得て、乾燥機で温められた目の粗いシーツに残るタバコの香りを再現しました。

このコラボレーションは、LUSHが初めてファッションの世界に踏み込んだものでもあります。パジャマのトップとボトム、フェイスタオル、ハンドタオル、バスシート、手提げバッグなど、すべて100%オーガニックコットンで作られています。日本国内では、公式オンラインショップ、アプリ、新宿店、神戸三宮店で購入することができます。

ホームページ - Lush x Lazy Oaf セルフサービスコラボレーションとは?

Copyright © 1995–2022 Lush Retail Ltd.