イチジク果実エキス

原材料

イチジク果実エキス

Ficus carica

ベネフィット

Natural

フルーツの力で清潔に

イチジクには様々な種類があり、多くが観葉植物として栽培されています。 一般的なイチジク(学名: Ficus carica)は果実を収穫するために栽培されていますが、その果実とは、花軸が肥大化した花嚢の内面に無数の花(小果)がついたものです。 花嚢内のたくさんの小さな種が、独特の食感と甘さを生み出します。 果実の色、形、サイズは様々です。

イチジクは高温で乾燥した気候を好みます。 イチジクの主要産地はトルコですが、エジプト、ギリシャ、イラン、モロッコ、米国でも栽培されています。 その栽培は紀元前5000年に遡り、古代ローマではイチジクは神聖な木とされていました。

イチジクには酸、酵素、ビタミンAとCが含まれています。

イチジクエキスを作るには、まずイチジクをお湯で茹でます。ソープ『葉と果と』では、それを濾したものが加えられています。 フルーツ酵素が、お肌の古い角質を除去して、汚れを落とします。

ホームページ - イチジク果実エキス

Copyright © 1995–2022 Lush Retail Ltd.