原材料

香料

ベネフィット

Synthetic

フレーバー(香味料)は、原材料または複数の原材料のブレンドを表す言葉で、化粧品に味と香りをつけるものです。 リップバーム、リップスクラブなどに、フレーバーが配合されています。

フレーバーを感じる味覚は、嗅覚と関連があります。 鼻で香りをかぎ、その香りがのどを通じて味覚系に入ります。 香りの良いものは、味も良いということがあります。

人間の舌は味蕾で覆われていて、のどの奥まで続いています。 味蕾が感じられる味覚は、甘味、酸味、苦味、うまみの4通りしかありません。

ラッシュのフレーバーは、商品開発者ヘレン・アンブロセンによってデザインされています。 ヘレンは、実際に材料の味を試し、匂いを嗅ぐことで、さまざまなフレーバーについて学んできました。

サイモン・コンスタンティンは、ヘレンの協力のもと『みつめてハニー』を開発しました。 2人は味を理解するために、アイスクリームとジェリービーンズを食べたそうです。

多くのフレーバー配合の商品は、天然のチョコレートの香りを持つカカオバターから作られています。 リップスクラブには砂糖を使っていますが、スクラブ作用だけではなく、甘いフレーバーから砂糖が選ばれているのです。

お菓子のフレーバーが、商品開発のインスピレーションとなることが多くあります。 歯磨き粉にはペパーミントとスペアミントが欠かせない材料ですが、ローズやバニラのエッセンシャルオイルもぴったりです。

ラッシュでは、フレーバーの原材料について細かな規制と制約が設けられています。

Copyright © 1995–2022 Lush Retail Ltd.