マグネシウム

原材料

マグネシウム

のんびりくつろぎたいセルフケアタイムには、お肌の調子を整えるマグネシウム配合のラッシュ商品がおすすめです。

マグネシウムとは?

「マグネシウムなしでは生命は存在しない」と言っても過言ではないほど、私たちにとって重要なミネラルの一つです。実際に、クロロフィル(葉緑素)の化学結合の中心にはマグネシウム原子が一つあり、それが光を受け止めて光合成が可能になります。まさに、生命の根源となっているのです。

また、人体にとってもマグネシウムは不可欠で、300種類にのぼる酵素の働きを促し、筋肉の収縮や神経情報の伝達、体温・血圧の調整などに役立っています。その働きの中には、お肌の調子を整える作用も。マグネシウムの欠乏がいかに私たちの健康に影響を与えるかお分かりいただけるでしょう。

マグネシウムはあなたにどんな良い働きをもたらすの?

人々は何世紀にもわたって、死海や温泉、入浴料を溶かしたお風呂でマグネシウムの働きを利用したボディケアを行ってきました。マグネシウムは、スキンコンディションを整える働きに加えて、潤いのあるお肌作りのサポートが期待されています。

その点に注目して、ラッシュはマグネシウムの整肌作用を取り入れた商品の開発に着手。運動前後のボディメンテナンスの時間にスキンケアが同時にできる「マッサージバー」と「入浴料」が誕生しました。マグネシウム(塩化マグネシウム・硫酸マグネシウム)の他にお肌を健やかに保つ成分をバランス良くブレンドし、心地良い香りがボディケアの習慣を続けやすくしてくれます。

塩化マグネシウムと硫酸マグネシウムの違いとは?

ラッシュ商品には、数種類のマグネシウムがブレンドされています。例えば、炭酸マグネシウムやトリケイ酸マグネシウムはパウダー状の商品に含まれる原材料です。これらは吸着剤で、汗ばむお肌をサラっとさせたいボディパウダーに適しています。

そして、塩化マグネシウムと硫酸マグネシウムはともにお肌の調子を整えるマグネシウムです。さて、この2つのマグネシウムの違いについて深掘りしていきましょう。

塩化マグネシウムは「にがり」の主成分と聞くとなじみ深いかもしれません。乾燥したお肌をより効果的に保湿するように手助けします。

一方の硫酸マグネシウムは「エプソムソルト」と呼ぶ方が分かりやすいでしょうか。水分と反応して発熱する特性があるので、入浴料の原材料に向いています。保水効果がありますが、同時に余分な皮脂を除去する働きもあるのでマッサージバーのような保湿化粧品を併用してボディケアをするとよいでしょう。

ラッシュ商品の原材料を詳しく知るには?

ラッシュ商品の原材料について「もっと詳しく知りたい」と興味を持たれた方は、商品説明ページ内の「原材料の一覧」に記載されている成分をクリックしてみてください。詳細なストーリーが表示されます。

※産地は時期や商品によって異なる場合があります。

【メタディスクリプション】

ラッシュのマッサージバーと入浴料には、あなたのスキンコンディションを健やかに整えるマグネシウムに注目したシリーズがあります。スポーツの前後や就寝前のセルフケアタイムのおともにいかがでしょうか?

ホームページ - マグネシウム

Copyright © 1995–2023 Lush Retail Ltd.