トウキンセンカ

原材料

トウキンセンカ

Calendula officinalis

ベネフィット

Natural

マリーゴールドパウダーは、大変水に溶けやすい性質を持っています。 

このデイジーのような美しいオレンジの花は、世界中で栽培され、飲料、薬、コスメ、染料、食べ物などに使用されてきました。

マリーゴールドと言う名前は、マンジュギクなど他の植物種にも使われますが、これらは同属の植物ではありません。

キンセンカには魔法のような作用があると考えられていました。 例えば、古代のハーバリストや多神教徒たちは、キンセンカに魔除けの力があると信じていました。

ドイツ薬草学の祖とされる中世の修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲンは、その著作のなかでキンセンカについて記述し、聖母マリアを称えて「マリーゴールド」と名付けたことで知られています。これは、「マリアのゴールド」と言う、2つの言葉をつなげた混成語でした。

キンセンカは、アメリカ市民戦争で負傷した人々の手当てにも使用されていました。は、何世紀もの間語り継がれてきました。 ハーバリストたちは、軽度のやけど、凍傷、外傷などを治療するためキンセンカを使っています。

肌を穏やかに整えるキンセンカの効能は、化粧品に大変理想的で、非常にマイルドなので赤ちゃん用の商品にも使われています。 皮膚の炎症を鎮め、赤みを抑える作用もあります。 毛細血管拡張や損傷した毛細血管などによるお肌の赤みを軽減するのに作用的であると考えられています。

マリーゴールドパウダーは、乾燥したキンセンカの花をすり潰して細かい粉末にしたものです。

ホームページ - トウキンセンカ

Copyright © 1995–2022 Lush Retail Ltd.