アラビアコーヒーノキ種子

原材料

アラビアコーヒーノキ種子

Coffea Arabica

ベネフィット

Natural

香り高く、活力を与える

コーヒーの木 (アラビカコーヒーノキ) は、5メートルほどの高さに育つ常緑低木です。 香気ある星型の白い花を咲かせ、その後深紅の豆をつけます。 スーダンとエチオピアには、野生森林でコーヒーの木が自生している地域もあります。

アラビカ種は、特に南米で最も広く栽培されているコーヒー豆の種類で、この豆から淹れたコーヒーは最上質と言われています。

深い香りを特徴とするため、バス&シャワーアイテムの原材料としてもぴったりです。 コーヒー豆は昔からお肌のケアに使われていました。

ラッシュでは、挽きたてのコーヒー豆をお湯に浸して濾過してできた美味しいコーヒー液を商品にブレンドします。 コーヒー豆をエッセンシャルオイルに浸してコーヒーエキスとして利用します。

何世紀もの間、コーヒーの生豆は刺激剤として服用されてきました。 コーヒーを飲む習慣は、おそらくアビシニア人により始まったと考えられます。

新鮮なコーヒー豆には最大0.32%のカフェインが含まれています。 そのカフェイン成分は、アスピリンやパラセタモールの作用を増大するために使われています。 コーヒー豆を粉末にしたものは、熱をさまし炎症を落ち着かせるために使用されてきました。

ラッシュは、新鮮なコーヒーエキスをヘアマニキュア『カカ・ブラン』と『カカ・マロン』に配合しました。 コーヒーパウダーが商品自体に深みのある色をもたらしています。お湯を加えると、豊かな香りを放ちます。

ホームページ - アラビアコーヒーノキ種子

Copyright © 1995–2023 Lush Retail Ltd.