ラベンダー油

原材料

ラベンダー油

Lavandula angustifolia

ベネフィット

Natural

お肌のバランスを整え、落ち着かせる

ラベンダーはシソ科の植物で、25~30品種が存在すると言われています。ラッシュでは、これらのうちのほんの2、3種だけを使用しています。 フランス・プロバンス地方で育てられた真正ラベンダー(学名:Lavandula angustifolia)と、 ラバンジン(学名:Lavandula hybrida)と呼ばれる真正ラベンダーとスパイクラベンダーを交配した混合種からオイルを抽出しています。

最も万能なエッセンシャルオイルと重宝されている、ラベンダーオイル。 水蒸気蒸留法によって、開花した花の先端部分から抽出しています。

ラベンダーは火傷、日焼け、筋肉痛、虫刺され、お肌のトラブルなどに対しての民間療法で使用されることが多く、重宝されています。気持ちを穏やかに落ち着かせる香りを持ち、さらに乾燥でダメージを受けたお肌をケアすると言われています。

20世紀の初め、フランス人化学者のルネ・モーリス・ガットフォセは、実験中に火傷した腕を、冷たい水と間違えてラベンダーのエッセンシャルオイルが入った桶に浸しました。 すると彼の火傷を負った肌は傷跡がほとんど気にならないほど回復し、 これがきっかけでガットフォセはラベンダーオイルに魅了され、さらに研究を進めていくこととなります。 彼はそれ以来「現代アロマテラピーの祖」と称されています。

ラベンダーオイルにはお肌を清潔にする働きもあり、

ラッシュでも多くの商品にラベンダーを使用しています。ラベンダーオイルをお肌や髪に使うと乾燥がやわらぎより健やかになるのを実感します。 洗顔料『天使の優しさ』と『フレッシュフレンド』にラベンダーオイルを配合。

清々しく爽やかな香りは気分をリフレッシュさせるので、バスボム『ビッグ ブルー』、ソープ『シーベジタブル』には、お肌を清潔にして健やかに整えるために使用しています。

そして、ハンド&ボディクリーム『ドリームクリーム』、保湿クリーム『さらりズム』、 ネイルクリーム『檸檬の指先』は乾燥したお肌に潤いを与える働きが期待されています。

ホームページ - ラベンダー油

Copyright © 1995–2022 Lush Retail Ltd.