セイヨウイラクサ葉エキス

原材料

セイヨウイラクサ葉エキス

Urtica urens

ベネフィット

Natural

ネトルは、あちこちに生育するセイヨウイラクサと非常に良く似ていますが、背が低く、茎が長く、葉は小さく柔くて緑色をしています。 葉と茎には細かい綿毛が生えていて、小さな花をつけます。

ネトルには数種類があります。 コモンネトル(common nettle)、ローマンネトル(Roman nettle)、アニュアルネトル(annual nettle)などです。 花が咲き始めたときに摘み、乾燥させたものから、インフュージョンや液体エキス、軟膏、パウダー、チンキ剤が作られます。

ハーブ療法では、ネトルは貧血、関節炎、皮膚疾患に使われています。

セイヨウイラクサの英語名「stinging nettle」は、細かくチクチクとした綿毛が茎と葉に生えていることに由来し、「焼く、ヒリヒリさせる」という意味のラテン語「urere」が語源です。

ネトルには、ビタミンAとCが含まれ、クロロフィルが豊富です。

クロロフィルの原材料として、商業的に抽出が行われています。

乾燥させたネトルの葉はお茶にしたり、ネトルビールの材料に使われています。

ヘアマニキュア『ブラン Hカラー』には、頭皮と毛髪を和らげ整える作用を持つネトルパウダーを配合しました。

ホームページ - セイヨウイラクサ葉エキス

Copyright © 1995–2022 Lush Retail Ltd.