ハッピースキン

フェイシャルスクラブ

パイナップルでハッピーなツヤ肌に

A swatch of Happy Skin, a smoothly textured white facial scrub.
サイズを選択
1
¥2,700

お肌の角質ケアにお悩みですか? 酵素を含むパイナップルと、タグアナッツの物理的な角質除去力の相乗効果で、古い角質や汚れを効率的に落とすフェイシャルスクラブにおまかせを。

あっと驚くような輝くお肌に憧れているなら、ぜひ試していただきたいのがこの『ハッピースキン』です。

ブロメライン(タンパク質分解酵素)とAHA(フルーツ酸)を含むパイナップル果汁が、古い角質でごわつくお肌を柔らかくします。角質(タンパク質)と皮脂でできた角栓のような手強い汚れには、酵素が有効。そのため、酵素とビタミンたっぷりの大きなジャックフルーツの果汁をプラスして、お肌になめらかさとツヤを与えるように開発しました。

さらに、お肌のコンディションを整える竹のパウダーと、タグアナッツの心地良いスクラブ感は、くすみの原因にもなる古い角質や毛穴の汚れを落としやすくする角質ケアの強い味方。輝きに満ちたハッピーなお肌へと導くフルーツ果汁の働きを支える縁の下の力持ちです。

■注目の原材料

<タグアナッツパウダー>
コロゾボタン(タグアナッツのボタン)を製造する際に余って廃棄される部分を粉砕・加工した白いパウダーで、「ベジタブルアイボリーパウダー」とも呼ばれています。タグアナッツは、粉砕する時に水を使わずに済み、生分解性もあるため、新しい価値を見出しながら環境をより良い状態に再生するリジェネラティブな原材料の一つです。

また、利用されるのが実の部分だけなので、木材として伐採されるリスクが少なく、森林保護の面でも役立っています。そして、地域住民の多くがタグアナッツを加工する工程に携わっているため、経済的自立と生活の質の向上もサポート。タグアナッツパウダーは、健やかな生活の維持に欠かせない「環境」、「社会」、「経済」という3つの側面からのアプローチをすべて満たしています。

『ハッピースキン』では、タグアナッツを様々なサイズに粉砕し、古い角質を除去しながらお肌をなめらかにするスクラブとして配合。海洋を汚染する化粧品に含まれるマイクロビーズにかわる選択肢としても期待されています。

<パイナップル果汁>
ブロメラインやAHAを含むパイナップルから搾った果汁です。古い角質が残ってごわつく肌触りを柔らかくして、お肌にツヤを与えます。

<竹のパウダー>
竹の茎から、スクラブ感の残るエキスを得ています。古い角質の除去をサポートして、肌触りを柔らかに。また、お肌にハリとツヤを与える成分も含まれています。

■香り

芳醇なナッツのフレーバーがする美味しいスイーツが思い浮かぶ、バニラ、ゴマ、トンカをブレンドしたほのかに甘い香り。暖かな日差しの中でそよぐ風に香りがあるとするならば、夏の幸せなひとときを連想させる、このような優しい香りなのかもしれません。

■使用方法

手に取った適量のフェイシャルスクラブを濡らした顔全体や首になじませ、優しくマッサージをした後に洗い流します。スクラブの力だけにとどまらない、絶妙な心地良いテクスチャーを感じながら角質ケアをお楽しみください。

目の周りは避けてお使いいただき、目に入った場合はこすらずにすぐに洗い流してください。異物感が残る場合には眼科医にご相談ください。 

YouTube「How to Use フェイシャルスクラブ 『ハッピースキン』の使い方」はこちら

YouTube「How It's Made フェイシャルスクラブ『 ハッピースキン 』」はこちら


原材料の一覧


もっと詳しく

BRING IT BACK

「BRING IT BACK」には以下の2つのスキームがあります。お客様はお好きな方を選択可能です。
・対象容器1つにつき、30円を商品会計時に利用可能
・5つの対象容器とフレッシュフェイスマスク1個を交換可能(従来スキーム)
日本全国のラッシュ店舗でご利用頂けます。

BRING IT BACK icon
緩衝材

生分解性の緩衝材エコつくを使用しています。この緩衝材は、コーンスターチや絶滅危惧種の鳥「サシバ」の生息環境を再生するための一環として里山で栽培した米など、自然由来の原材料から作られたもので、あなたのご注文の商品を大切に保護します。

緩衝材 icon

NO! 動物実験

ラッシュでは、フレッシュでハンドメイドの化粧品のための原材料は、動物実験を一切行わず、今後も行わないことを表明している生産者や取引先からのみ購入しています。また、完成した商品の安全性の確認は、ボランティアの人の肌で行っています。動物を使ったテストは倫理的観点の問題だけでなく、科学的根拠に乏しく、人と種差のある動物によって行われるべきものではありません。詳細はこちら

ホームページ - ハッピースキン