🎁父の日までのお届けは6/13(木)のご注文まで🎁
※一部商品、一部地域除く  
🚚8,000円以上購入で送料無料🚚お得な配送パスはこちら
最新のお知らせよくある質問
✉ニュースレターに登録して最新情報を受け取る✉

コンテンツをスキップ

New

ザ ワン パープル

バスボム

ラベンダーのハーバルな花と葉の香り

The One With Lavender. A Classic LUSH-shaped bath bomb in a delicate, pastel purple colour. There is a sprig of dried lavender embedded on top.
サイズを選択
¥1,180
Vegan

「世界バスボムデー」を祝して、28種類のバスボム(入浴料)が登場! ラベンダーのエッセンシャルオイルにこだわった、お肌を健やかに保つバスボムです。穏やかな香りで寛ぎのバスタイムを。

ラベンダーの花を飾った『ザ ワン パープル』は、ラメ不使用のシンプルなハンドメイドバスボムです。花と葉から水蒸気蒸留法で抽出した香り高いラベンダーオイルをブレンドしています。

慌ただしい毎日にちょっとスローダウンしたくなっていませんか? たまにはラベンダーの香りがするお風呂にゆっくりつかって、身も心もリフレッシュしましょう。

ラベンダーのハーバルな香りが好きな人は、フェイス&ボディマスク『ビューティ スリープ』を一緒に使うのがおすすめです。甘いラベンダーの香りがお好みなら、ボディソープ『スリーピー シャワージェル』を。ラベンダーの働きがスキンコンディションを整えます。お出かけ前にはボディスプレー『トワイライト ボディスプレー』をお肌にシュッとひと吹き!

■注目の原材料

<ラベンダーオイル>
ラッシュでは、フランス・プロヴァンス地方にある蒸留所からラベンダーオイルを調達。乾燥が気になるお肌の調子を整えて、健やかに保ちます。気持ちを落ち着かせたい時に使いたくなるエッセンシャルオイルです。

<重曹>
料理に使用するベーキングパウダーと言ったら分かりやすいでしょうか。クエン酸と組み合わせるとお湯の中で発泡し、湯触りだけでなく、あなたのお肌まで柔らかくします。ラッシュのバスボムは重曹とクエン酸が主な原材料です。

<クエン酸>
梅干しやレモンなどの酸味はクエン酸によるもので、香りのない白い粉末状の原材料です。重曹の弱アルカリ性とクエン酸の酸性を混合することで、バスボムが溶けたお湯をお肌に適したpHに調整。また、クエン酸にはお肌を引き締めてキメを整える働きもあります。

■香り

自然が大切に育んできたラベンダーの清々しいフローラルハーバルノートがバスルームに広がります。

■使用方法

バスタブに溜めたお湯に一つ入れてください。ラベンダーの香りを堪能しながら、のんびりバスタイムを過ごしましょう。

■世界バスボムデーとは?

ラッシュが販売するバスボムは、環境に負荷をかけるパッケージを必要としない、固形タイプの発泡入浴料です。美しい香りに包まれる、豊かなバスタイムを演出します。

ラッシュの共同創立者であるモー・コンスタンティンは、1989年に初めてバスボムを開発しました。イギリスでバスボムにまつわるトレードマークを取得した4月27日を記念し、ラッシュでは「世界バスボムデー」と名づけてお祝いしています。今や「バスボム」はオックスフォード大学出版局が刊行する辞典に掲載されるほど世間から広く認知され、入浴料の代名詞として知られるラッシュを代表する商品の一つです。

■注意事項

こちらの商品は、パッケージのない状態で配送箱に入れてお届けいたします。
小分け袋のご希望がありましたら注文手続きの「リクエスト」欄にご記入ください。  

トッピング入りの商品です。


もっと詳しく

緩衝材

生分解性の緩衝材エコつくを使用しています。この緩衝材は、コーンスターチや絶滅危惧種の鳥「サシバ」の生息環境を再生するための一環として里山で栽培した米など、自然由来の原材料から作られたもので、あなたのご注文の商品を大切に保護します。

緩衝材 icon
ハンドメイド

フレッシュで栄養価の高い状態の原材料を使って、国内の製造拠点キッチンでハンドメイドで作られています。

ハンドメイド icon
ネイキッド

こちらの商品は、パッケージのない状態で配送箱に入れてお届けいたします。小分け袋のご希望がありましたら注文手続きの「リクエスト」欄にご記入ください。  

ネイキッド icon

NO! 動物実験

ラッシュでは、フレッシュでハンドメイドの化粧品のための原材料は、動物実験を一切行わず、今後も行わないことを表明している生産者や取引先からのみ購入しています。また、完成した商品の安全性の確認は、ボランティアの人の肌で行っています。動物を使ったテストは倫理的観点の問題だけでなく、科学的根拠に乏しく、人と種差のある動物によって行われるべきものではありません。詳細はこちら

ホームページ - ザ ワン パープル