🎁父の日までのお届けは6/13(木)のご注文まで🎁
※一部商品、一部地域除く  
🚚8,000円以上購入で送料無料🚚お得な配送パスはこちら
最新のお知らせよくある質問
✉ニュースレターに登録して最新情報を受け取る✉

コンテンツをスキップ

New

ビートザクロックバジャー

バスボム

スイートな香りに追いつけ追い越せ!

Beat The Clock Badger. An extravagant bath bomb in the shape of a classic black and white badger riding in a bright yellow and green car shaped like a corn cob complete with wheels.
サイズを選択
¥1,580
Vegan

「世界バスボムデー」を祝して、28種類のバスボム(入浴料)が登場! キャンディのような甘い香りをスタートの合図に、バスルームで繰り広げられるへんてこりんな猛レースを楽しみましょう!

大好物のトウモロコシで作ったマシンに乗るアナグマは、とっても食いしん坊。お風呂を通って、トウモロコシがたくさん実っている野菜畑へ向かうレースの真っ最中。懐かしいスイートな香りをバスルームに振りまきながら、時間内のゴールを目指して頑張っています。

商品開発者は、乗り物がたくさん出てくる絵本やアニメーション、木のおもちゃをヒントに『ビートザクロックバジャー』を誕生させたそう。子どもはもちろん、童心を忘れない大人にもおすすめです! 実は、こちらの商品には本物のトウモロコシから搾ったコーンオイルが保湿のために使用されているんですよ。

■注目の原材料

<コーンオイル>
ビタミンEとリノール酸を含む、トウモロコシの胚芽から得られる軽い質感のボタニカルオイルです。お肌に潤いを与え、柔らかさを保ちます。

<スイートオレンジオイル>
スイートオレンジの果皮から抽出したエッセンシャルオイルです。甘く爽やかな香りで商品に華やかさを添え、お肌にツヤを与えます。

<ライススターチ>
米から得たデンプンを乾燥させてパウダー状にした原材料です。お湯の質感を心地良くまろやかにして、少し贅沢な気分にしてくれます。

■香り

かつて販売していたリップスクラブ『キャンディコーン』と同系統の香りです。インスピレーションの源は、秋を象徴するアメリカのお菓子でハロウィンの定番・キャンディコーン! スイートオレンジ、ローズ、ベンゾインをブレンドした香りは、明るい印象を与えるシトラスフルーティーノートに仕上がっています。

■使用方法

バスタブに溜めたお湯に一つ入れてください。ほのかに広がる香りを堪能しながら、のんびりバスタイムを過ごしましょう。

■世界バスボムデーとは?

ラッシュが販売するバスボムは、環境に負荷をかけるパッケージを必要としない、固形タイプの発泡入浴料です。美しい香りに包まれる、豊かなバスタイムを演出します。

ラッシュの共同創立者であるモー・コンスタンティンは、1989年に初めてバスボムを開発しました。イギリスでバスボムにまつわるトレードマークを取得した4月27日を記念し、ラッシュでは「世界バスボムデー」と名づけてお祝いしています。今や「バスボム」はオックスフォード大学出版局が刊行する辞典に掲載されるほど世間から広く認知され、入浴料の代名詞として知られるラッシュを代表する商品の一つです。

■注意事項

こちらの商品は、パッケージのない状態で配送箱に入れてお届けいたします。
小分け袋のご希望がありましたら注文手続きの「リクエスト」欄にご記入ください。  

こちらの商品は、破損の恐れがあるため、オンラインショップではKnot Wrap(風呂敷)やパーソナライズボックスのラッピング対象外です。


もっと詳しく

緩衝材

生分解性の緩衝材エコつくを使用しています。この緩衝材は、コーンスターチや絶滅危惧種の鳥「サシバ」の生息環境を再生するための一環として里山で栽培した米など、自然由来の原材料から作られたもので、あなたのご注文の商品を大切に保護します。

緩衝材 icon
ハンドメイド

フレッシュで栄養価の高い状態の原材料を使って、国内の製造拠点キッチンでハンドメイドで作られています。

ハンドメイド icon
ネイキッド

こちらの商品は、パッケージのない状態で配送箱に入れてお届けいたします。小分け袋のご希望がありましたら注文手続きの「リクエスト」欄にご記入ください。  

ネイキッド icon

NO! 動物実験

ラッシュでは、フレッシュでハンドメイドの化粧品のための原材料は、動物実験を一切行わず、今後も行わないことを表明している生産者や取引先からのみ購入しています。また、完成した商品の安全性の確認は、ボランティアの人の肌で行っています。動物を使ったテストは倫理的観点の問題だけでなく、科学的根拠に乏しく、人と種差のある動物によって行われるべきものではありません。詳細はこちら

ホームページ - ビートザクロックバジャー