🎁父の日までのお届けは6/13(木)のご注文まで🎁
※一部商品、一部地域除く  
🚚8,000円以上購入で送料無料🚚お得な配送パスはこちら
最新のお知らせよくある質問
✉ニュースレターに登録して最新情報を受け取る✉

コンテンツをスキップ

New

サムウェア

バスボム

ありのままのあなたの色が好きだから

Somewhere. A fun bath bomb, topped with pink but visible layers is shaped like the classic arched rainbow complete with fluffy white clouds.
サイズを選択
¥990
Vegan

「世界バスボムデー」を祝して、28種類のバスボム(入浴料)が登場! 雲のようにふんわりと広がるパステルカラーに包まれていると、美しい虹を見つけた時のうれしい気持ちがよみがえります。

虹の形がかわいい『サムウェア』は、児童文学『オズの魔法使い』から影響を受けて誕生したバスボムです。日本には「十人十色」という四字熟語があります。物語に出てくるキャラクターは、それぞれ性格や考えが異なり、自分らしい「色」を持っていて誰もが魅力的です。

雲にかかる虹をお湯に溶かしてみましょう。数多の色彩と優しい香りを放ち、ココナツミルクを含んだミルキーバスが乾いたお肌と心に潤いを与えます。「自分を貫き、自分らしくいられますように」という願いが虹の彼方にいるあなたへ届きますように。

■注目の原材料

<ココナツミルク>
ヤシの実の内側の白い部分(胚乳)を細かくして水に浸し、圧搾して得たミルクを噴霧乾燥させてパウダー状にしています。角層を潤し、柔らかく健やかなお肌を保つ原材料です。ココナツミルクなら、ヴィーガン(完全菜食主義)の人でもミルキーバスを楽しんでいただけます。

<コーンスターチ>
ココナツミルクとともにお湯の質感をまろやかにします。パステルカラーのバスアートを水面で美しく描くための原材料です。お肌をなめらかにする働きもあります。

<ポッピングキャンディ>
お湯に溶ける時にパチパチと音が鳴り、バスタイムをより楽しませてくれます。

■香り

ボディソープ『収穫祭 シャワージェル』やラッシュフレグランスコレクション「パンジー」と同系統の香りです。

マンダリンやレモンが放つ柑橘の爽やかさだけでなく、ベルガモットとオレンジフラワーの甘く優しい香りも漂います。まぶしい太陽の光を感じさせる香りは、甘さの強い香りが苦手な人にもおすすめです。

■使用方法

バスタブに溜めたお湯に一つ入れてください。ほのかに広がる香りを堪能しながら、のんびりバスタイムを過ごしましょう。実は、こちらの商品はお風呂文化をよく知る日本のバスボム担当チームスタッフが考案したんですよ!

■世界バスボムデーとは?

ラッシュが販売するバスボムは、環境に負荷をかけるパッケージを必要としない、固形タイプの発泡入浴料です。美しい香りに包まれる、豊かなバスタイムを演出します。

ラッシュの共同創立者であるモー・コンスタンティンは、1989年に初めてバスボムを開発しました。イギリスでバスボムにまつわるトレードマークを取得した4月27日を記念し、ラッシュでは「世界バスボムデー」と名づけてお祝いしています。今や「バスボム」はオックスフォード大学出版局が刊行する辞典に掲載されるほど世間から広く認知され、入浴料の代名詞として知られるラッシュを代表する商品の一つです。

■注意事項

こちらの商品は、パッケージのない状態で配送箱に入れてお届けいたします。
小分け袋のご希望がありましたら注文手続きの「リクエスト」欄にご記入ください。  

ラメ入りの商品です。商品によってはラメは数日間お肌に残りますのでご注意ください。


もっと詳しく

緩衝材

生分解性の緩衝材エコつくを使用しています。この緩衝材は、コーンスターチや絶滅危惧種の鳥「サシバ」の生息環境を再生するための一環として里山で栽培した米など、自然由来の原材料から作られたもので、あなたのご注文の商品を大切に保護します。

緩衝材 icon
ハンドメイド

フレッシュで栄養価の高い状態の原材料を使って、国内の製造拠点キッチンでハンドメイドで作られています。

ハンドメイド icon
ネイキッド

こちらの商品は、パッケージのない状態で配送箱に入れてお届けいたします。小分け袋のご希望がありましたら注文手続きの「リクエスト」欄にご記入ください。  

ネイキッド icon

NO! 動物実験

ラッシュでは、フレッシュでハンドメイドの化粧品のための原材料は、動物実験を一切行わず、今後も行わないことを表明している生産者や取引先からのみ購入しています。また、完成した商品の安全性の確認は、ボランティアの人の肌で行っています。動物を使ったテストは倫理的観点の問題だけでなく、科学的根拠に乏しく、人と種差のある動物によって行われるべきものではありません。詳細はこちら

ホームページ - サムウェア